紅砒ニッケル鉱 nickeline、niccolite(旧称)
名前 紅砒ニッケル鉱 nickeline、niccolite(旧称)
分類 砒化鉱物
グループ 紅砒ニッケル鉱グループ
化学組成 NiAs
結晶系 六方晶系
硬度 5-5.5
比重 7.78
屈折率
銅赤色
光沢 金属光沢
劈開 なし
断口 不平坦
条痕 黒褐色
紅砒ニッケル鉱は銅赤色をした鉱物で最初に発見されたときは胴の豊富な鉱物と思われたそうです。ニッケルと砒素の単純な組成で主にニッケルとコバルトの硫化物鉱石で見つかります。日本も産地として有名でした。


商品番号  NKL010
標 本 名 紅砒ニッケル鉱 <カナダ>
産  地 Cobalt area, Cobalt-Gowganda region, Timiskaming District, Ontario, Canada
サ イ ズ 40x37x17mm/34g
価  格 ¥4,400
  

商品番号  NKL009
標 本 名 紅砒ニッケル鉱 <カナダ>
産  地 Cobalt area, Cobalt-Gowganda region, Timiskaming District, Ontario, Canada
サ イ ズ 70x40x32mm/183g
価  格 ¥9,800
説  明 一面が磨かれています。