ストロンチアン石 Strontianite
名前 ストロンチアン石 Strontianite
分類 炭酸塩鉱物
グループ 霰石グループ
化学組成 SrCO3
結晶系 斜方晶系
硬度 3.5-4
比重 3.7
屈折率 1.67
白,無色,灰色,黄色,緑
光沢 ガラス光沢
劈開 完全
断口 貝殻状から不平坦
条痕
ストロンチアン石は意外と少ない炭酸塩鉱物で、セレスチン同様少数のストロンチウム鉱物のうちの1つです。1787年、スコットランドの町ストロンチアンで発見され、同時に新元素ストロンチウムの発見に至りました。名前はこの町に因んでいます。代表的な形状は房のようになった放射状に伸びる針条の結晶です。偽六角形の双晶をしていることがあり大きいい結晶はまれです。産業的な利用としては花火の色付けに使用され他X線の遮蔽材として重要な鉱物でドイツで採掘されていました。放射状に伸びた白い結晶がとてもきれいでコレクターにもたいへん人気があります。

商品番号  STR043
標 本 名 ストロンチアン石ペンシルベニア州
産  地

Meckley's Quarry, Mandata, Northumberland Co., Pennsylvania, USA

サ イ ズ 98x66x49mm/ 303g
価  格 ¥6,400