ポルダーバールタイト / Poldervaartite
名前 ポルダーバールタイト / Poldervaartite
分類 マンガン珪酸塩鉱物
グループ
化学組成 Ca(Ca0.5Mn0.5)(SiO3OH)(OH)
結晶系 斜方晶系
硬度 4.5 - 5.3
比重 3.2
屈折率 -
無色,白,青,緑,ベージュ色,赤褐色
光沢 ガラス光沢
劈開 なし
断口 不平坦状
条痕
ポルダーバールタイトは1976年カラハリ砂漠マンガン地帯の Wessels鉱山 で発見され、1993年に新鉱物とされた比較的新しい鉱物です。当初はこの鉱山だけと思われていましたがその後の同じこの地域の6ヶ所で発見されています。しかし産出はわずかです。名前はコロンビア大学のArie Poldervaart教授に因んでいます。
最近 N'Chwaning II 鉱山で新たなポケットが発見されわずかなながら採掘されているようですがそれ以後の発見はまだないようです。
結晶は三角形をした柱状の結晶が束になりとてもきれいな形をする鉱物で2種類の形状があります。1つはベージュ色をした不透明な結晶で内部がスポンジのような空隙になっています。形は蝶ネクタイのような形(色、形ともに落花生にています)をしています。もう1つは宝石質でグレイッシュな赤色をしたとてもきれいで透明な結晶です。この二つの中間的な形もあります。まだ新しく未知の鉱物です。色合いからみて写真はあまり魅力的では写りませんが、透明な結晶の実物はとてもきれいで魅力的です。