ハウスマン鉱 Hausmannite
名前 ハウスマン鉱 / Hausmannite
分類 酸化鉱物
グループ
化学組成 Mn3O4
結晶系 正方晶系
硬度 5.5
比重 4.5-4.8
屈折率
黒、黒褐色、灰色
光沢 金属光沢
劈開 完全
断口 不平坦
条痕 赤褐色
マンガンの鉱物で塊状がほとんどですが N'Chwaning ?鉱山からはたいへんきれいなテリの有る黒く隅角の鋭い8面体の結晶が出ています。この鉱山はマンガン鉱山では世界最大の鉱山でハウスマン鉱は重要なマンガン鉱石です。群晶を見ていますと家の屋根がたくさん並んでいるように見えますが名前はドイツの鉱物学者J.F.L.Hausmannの名に因んでいます。


商品番号  HSN017
標 本 名 ハウスマン鉱 (水マンガン鉱仮晶)
Hausmannite after Manganite
産  地 Ilfeld, Nordhausen, Harz Mts, Thuringia, Germany
サ イ ズ 47x40x35mm
価  格 ¥19,000
説  明 とても珍しい水マンガン鉱の仮晶です。水マンガン鉱は原産地標本です。